器用な右手を上手に使えばゴルフスイングは驚くほど簡単なものになる

いまのレッスンは「ボディターン理論」が主流です。手は使うと間違いだし、身体体をターンさせれば腕はついてくるという考え方です。しかし、実際にゴルフコースを見渡してみれば手やクラブが振れていないゴルファーがその大部分を占めています。器用な右手を上手く使うことでゴルフクラブを振ることがかえって自然なことではないでしょうか。右手が上半身に腕が体に巻きつくようなフォームでクラブを振れば、体は腕の振りに引っ張られてうまくターンできるものです。そうすればゴルフスイングは驚くほど簡単にマスターできる可能性があります。ゴルフスイングの基本・最前線で勉強しましょう。

体の芯の部分を上下、左右、前後に動かさずターンさせることが重要

アマチュアゴルファーの多くは一般にとても複雑なゴルフスイングをしています。その一番の原因として挙げられることは体の芯、つまり回転軸が前後、左右、上下に大きく動くためだと思われます。芯の部分が動いてしまえば、それを腕の動きで修正する必要が出てきます。この修正動作がさまざまな複雑な動きを生みだしてしまうじ根本原因でしょう。美しいゴルフスイングとは体の芯を、その場でクルッとターンさせるゴルフスイングのことです。右腕を上手に振ることができれば、腕の振りに引っ張られて体の芯はきれいにターンするものです。